SUPER FORMULA

Pure speed
ルマンの歴史は、フォーミュラからはじまった。
フォーミュラとは、純粋にスピードを追い求めるカテゴリー。
F1に近いスピードを誇るスーパーフォーミュラで、限界を追い求める。
参戦体制
チーム名 TEAM LEMANS
監督 片岡 龍也
ドライバー 大嶋 和也(オオシマカズヤ) / 8号車
Artem Markelov(アーテム・マルケロフ) / 7号車
新型車両 SF19 主要諸元
開発コンセプトは、SF14の「クイック&ライト」を継承した上で、
空力特性を見直すことによる、オーバーテイクし易くなることを掲げている。
これは、レース中にドライバー同士のバトルを際立たせ、エンターテイメントと競技の両立を目指すためである。
更に国際自動車連盟が制定した2016年 F1 安全基準にも対応し、現在のフォーミュラカーに求められる性能を満たしている。
また、車体にはSF14の部品の多くが流用されており、運用コストの低減にも考慮されている。
シャシー
全長×全幅×全高
5233×1900×960(mm)
ホイールベース 3115mm
車体重量 660kg以上
ギヤボックス リカルド製6速パドルシフトシステム
ブレーキ ブレンボ製キャリパー・カーボンディスク
ステアリング KYB製電動パワーステアリングシステム
前サスペンション プッシュロッド、トーションバースプリング
後サスペンション プッシュロッド
安全基準 2016年 FIA F1セーフティレギュレーションに準拠
エンジン 2000cc 直列4気筒ターボ
(燃料リストリクター、オーバーテイクシステム搭載)
出力 405kw(550ps)以上(ホンダ、トヨタの2社が供給)
タイヤ ヨコハマ F:270/620R13 / R:360/620R13

pagetop